除霊・救霊の体験談

1. 職場の人間関係の悩み

 

30年近く悩んだ崇りの原因を解明!

Eさん(40代 男性)

 

 私は40代の半ばですが、これまで定職に恵まれず失業転職の繰り返しでした。過去、良い仕事を得ても直ぐに邪魔が入り失敗。数倍の災難となって返って来ました。そして、毎度のこと乍ら異性(女性)との人間関係が非常に悪く、揉め事も絶えませんでした。邪魔が入るのは仕事だけではなく、大切な人との人間関係等も仕事の災難同様、縁を切られました。或る意味其れは、職を失う以上に辛い事で、その都度、失意のどん底に突き落とされました。社会的身分を保証されるような良い仕事であればある程、心の支えとなって呉れる大切な人であればある程、執拗に邪魔が入り縁を切られてきました。25年以上前、大きな一流企業を失業をした際(その時の上司は友人の父)、実際に強い恨みの念を向ける霊が夜中に枕元に現れ、顔を押さえつけられ、首元を持って起こされて、布団の上に叩き付けられたりしました。こうしたことが数度あり、以来、強く怨まれている(崇り)のは明らかなのですが、果たしてその恨みが何が原因なのか迄は分からず、今日まで悪戯に時が過ぎて来ました。

 

 40代半ばとなり、自分でも信仰を持ち、軽い霊障位であれば祓えるようになりましたが、余りに強い恨みの様子で自身の力では限界を感じておりました。正にお手上げ状態で途方に暮れていた私に光明が指したのが、平成29年6月でした。何十度目かの失業で毎回お決まりの鬱状態となり、失意の日々を送っていた私は、日頃から身近にある仏教をネットで検索し解決の糸口を探っておりましたところ、偶然、あるたいる様のHPに目が留まりました。読めばボランティアで除霊をされているとのこと。修業を積まれ除霊を習得される迄には御自身も大変なご苦労がおありだったことが掲載されており、私は藁にも縋る思いで早速メールさせて頂きました。兎に角、「自分の苦しい状況をこの人に聞いて欲しい。」の一心でした。あるたいる様は、こちらの状態を、目で現場を見ているかの如くに能くご理解下さり、嘘偽りない正直な態度を終始崩さず接して下さいましたので、私もお任せするに値する方だと直ぐに分かり、除霊を御願いする事にしました。

 

 除霊は遠隔の除霊で、実行の日は知らされず、当日、私は所用で外出をしておりました。その時、道で擦れ違う人や店の店員が、凄く懐かしい様な、親しみを込めた明るい表情で私に視線を送って来まして、久し振りに気持ちの安らぎを覚えました。「何か今日はいつもと違うな?」と何度も思いましたが、それが除霊をして下さっている最中で在ったことは帰宅後に除霊終了のメールが届いていたのを見て知りました。

 

 メールには、因縁霊が116人出て来たこと。昔、戦で私の先祖の為に一家皆殺しにされ潰れた家があり、それが崇りとして代々跡取りに災いしていたことが書かれていました。先祖を顧みれば、確かに事故死、病での死など、当家の跡取りは災難でよく亡くなっています。現在の跡取りである私は、定職に恵まれない災難としてその祟りの妨害を受けて来たとのことでした。私の先祖は下級武士で他からの命令でその悪事を謀ったのだという当時の成り行きらしいです。また、上記とは別件で、何代か前(戸籍に乗らない位前)、私の先祖に嫁いだ女性に子が出来ず、当時の主人の父である舅が無理やりに犯す形で子を孕ませて自害に追いやった過去があり、その女性の恨みが大変強く、現在私が社会生活に於いて異性との揉め事が多い状況を生み出していたそうです。

 ここまで明るみになった私の先祖の不徳に、私の30年近い疑問は解消しましたが、今更乍ら恐怖も覚えました。果たしてあるたいる様は、対処迄ちゃんと行って下さいました。

 

 怨念霊に対しては、自分達の過去世での不正が元で一族が皆殺しに遭ったことを悟らせ、説得して浄霊をして下さったこと。私の先祖には、自分たちの落度の為に、子孫の私が数々の災難を受けて来てしまい、私の家系が私の代で終わる危機的状況にあることを注意し反省を促して下さいました。

最後に、もう二度と因縁霊が邪魔を入れてくることはないとご説明下さり、私に希望を持たせて下さいました。

 

 これまでにも何人かの霊能者に依頼したことはありましたが、肝心の知りたい部分は最後まで分からず仕舞いで、いつの間にか有耶無耶になることが多く、スッキリしませんでしたが、あるたいる様は実に細かいところまで祟りの原因を突き止めて下さり、心より感謝致しております。

30年近く掛かりましたが、これから人生を全力で巻き返し、祟りの為に失って来た全ての大切な時間・良縁・ものを数倍の幸運として取り戻して行きたいと思います。

 

 あるたいる様、この度は本当に有難う御座いました。感謝合掌。