ランニングのすすめ

 ランニングはおすすめです。歩くのもいいのですが、早歩きよりもゆっくり走る方が楽に感じます。走ると脂肪が減って筋肉質になり、体力がつきます。走っていると嫌なことは忘れてスカッとします。走っているうちにやるべきことがわかり良いアイデアが浮かびます。足を動かすことで脳が活性化するようです。ランニングは楽しいです。人から強制されるのではなく自主的に、マイペースで走るのは楽だし面白いです。走り方についてはこの本を参考にしています。

 

 私は半年前から始めて、現在週に2~3回早朝ランニングをしています。走る日は朝4時前に起きます。朝は血液が濃いので、血栓症予防のためにコップ一杯の水をプロテインとビタミン類と一緒に飲みます。起きてから20~30分たち、目が覚めてきたら走り出します。毎朝走ろうと思っていても、雨や雪が降ったり、疲れていて起きられない時があったりして、結局週に2~3回になってしまうのです。走り始めたら1時間以上続けて走るようにしています。

 

 走りたくないと思うときもあります。その気持ちを打破するには、まず起きるときの気合が大事です。そして、走ったら自分に御褒美をあげるようにしています。ランニングの帰り路に最寄りのコンビニに寄ってホットコーヒーやヨーグルトを飲んだりします。これが格別にうまいです。 

 冬の間も雪道を走っていました。私が住んでいる場所は気温が-15度以下になることはめったにありません。-6度以下ですと寒いですが、上は下着とジャージと厚手のウィンドブレーカー、下は下着、靴下、タイツとジャージ、帽子・手袋二枚重ね・ネックウォーマー、雪道用のランニングシューズという服装・装備で大丈夫でした。立ち止まると体がたちまち冷えてきます。足元が圧雪の状態ではあまり滑りません。氷の上に薄く雪が覆っている状態が滑りやすいですが、路面をよく注意して選んで走れば大丈夫です。雪道のランニングで上下動が少なく、体幹のブレが少ない滑らかなフォームになったと思います。

 

朝は代謝が盛んになりトイレに行きたくなります。ランニングコースはその時の吉方位にして変化をつけるのですが、途中で公園のトイレやコンビニに寄れるように設定します。場合によっては野山でということもありえます。そうやって自宅の周囲を四方八方走っていると、なんだか犬になって自分のテリトリーを巡回しているような感じがします。

 

走っている道の遠くの端に見えるところは何km先だと思いますか? 道の傾斜によって違いますが、私が思うところでは2kmくらいです。2km先に走って行くと全く新しい風景が開けるのです。そして車に乗っているときと風景の見え方が全然違います。走って風景を見ていると常に新しい発見があるのです。

 

夜明け前から走るのが好きです。晴れていれば星空で、月が出ていたりします。走っているうちに、星々が光を失い、空はピンクからブルーまでのグラディエーションを描き、そうして太陽が昇ってきます。地球があって、月と太陽があって、自分が走っていて、それらが一体感を持って変化しているのが体感できます。走っているうちに気持ちが良くなって変性意識というか不思議な精神状態になっていきます。それでいて体を動かしているので変な方に意識が飛んで行ってしまわないのがいいです。

  

走る距離が長いとガス欠になってばてることがあります。そのとき脳内に歌のフレーズが響きます。(♪いざとなったら玉を出せ。力があふれる不思議な玉をー。)

そうして私は飴玉を取り出してなめるのです。

 

ランニングしていて疲れたり苦しかったりすることがあります。そういう時には無理して走らないで歩きます。歩いたっていいんです。人間だもの。

 

ランニングを長続きさせるには、マラソン大会に出てみるのがいいと思います。人とタイムを張り合うのが目的ではありません。同じ価値観を持つお仲間がいるのを見ると安心します。そして励みになるのです。