一霊四魂の解説

 神道の神の霊魂についての説明です。

 

 神の一霊に対して神の魂は複数の種類があります。神魂にはその作用によって四種類の呼び方があります。すなわち、荒魂(あらみたま)、和魂(にぎみたま)、幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま)です。神社によっては、御祭神の荒魂、和魂、幸魂、奇魂を分けてまつっている場合があります。

 

 四魂についての「古事類苑 神祇部 三」(吉川弘文館)の説明を引用します。

「荒魂ハ其剛健ノ性ヲ具有スルトキノ稱、和魂ハ其和穆ノ徳ヲ保持スルトキノ稱、之ヲシテ幸福アラシムルトキハ、則幸魂ト云ヒ、其奇靈ノ徳ヲ以テ庶事ヲ識別スルトキハ、則奇魂ト云フ、共ニ皆神魂ノ徳用ニシテ、或ハ物ニ憑依シテ以テ其靈ヲ示ス、」

 

 荒魂は、荒々しい剛健の性質であり、勇気や忍耐といった強い意志の力の源となります。

 和魂は、さまざまな存在と仲良くして親しくなごむ性質です。

 幸魂は、愛をもって幸福をもたらす性質です。

 奇魂は、叡智をもたらす性質で、ひらめき・直観・霊感により発想力や創造力の源となります。

 

 神霊は人に憑依したり、人の夢に現れたりして託宣を下します。面白いことに、夢に現れた日本の神のお告げは和歌によるものが多いそうです。神霊が人の姿をとって現れることがあり、これを現人神(あらひとがみ)といいます。

 

 神霊も神魂も分割して祀ることが可能です。すなわち、神の分霊や分魂を祀る神社は全国に沢山存在します。

 

 人についても一霊四魂から成るという説もあります。そういう考え方が出てきたのは比較的新しい時代であり、幕末から明治にかけての神道家・本田親徳(ほんだちかあつ)の説らしいです。

 

【出口王仁三郎の説】

 出口王仁三郎が一霊四魂についてわかりやすく解説していました。以下、出口王仁三郎全集(第一巻)より引用します。

 

 「荒魂は神の勇、和魂は神の親、奇魂は神の智、幸魂は神の愛であって、即ち所謂(いわゆる)霊魂である。而して直霊(なおひ)なるもの之を主宰するのである。」

 「直霊なるものは、神典に所謂神直日大直日神である。「省(かえりみる)」という心情は、即ち神直日大直日の働きである。」

 「日魂何れにしても「省みる」と云う良心が出ない時は、至粋至美なる霊魂といえども、忽ち曲霊(まがひ)という汚らわしき霊に変じてしまうのである。」

 荒魂の働きは「」であるが、この魂に「耻る(はじる)」自省がない時は曲霊となって「」と変ずる。

 和魂の働きは「」であるが、この魂に「悔いる」自省力がない時は曲霊となって「」と変ずる。

 幸魂の働きは「」であるが、この魂に「畏る」という自省力がない時は曲霊となって「」と変ずる。

 奇魂の働きは「」であるが、この魂に「覚る」という自省力がない時は曲霊となって「」と変ずる。