三仏寺③ 宿坊・輪光院に泊まる

三仏寺②の続きです。

 

 その日(2014年7月17日)は、三仏寺の宿坊に泊まりました。

 

 夕方に三仏寺に再び到着しました。

 まず、皆成院の広いお座敷に通されて、そこで夕食をいただきました。

 私は、宿坊ではお酒は飲めないものだと思っていましたが、頼んだらビールも日本酒も出てきました。おかずは精進料理です。

三仏寺・輪光院
三仏寺・輪光院

 その後に、皆成院の山側にある宿坊・輪光院に移動しました。夕方で暗くなり始めています。

三仏寺の狛犬
三仏寺の狛犬

 輪光院の近くにある狛犬ですが、あたりが暗くなってきますと、怖すぎます。周りの深山の雰囲気をお察しください。

 その日、輪光院に泊まったのは私一人でした。案内してくださった住職が帰ると、あたりは静まり返っています。回りは闇が深くて隣りの皆成院に行こうにも、外は歩きたくない感じです。

 

 寝てて金縛りにあったり、霊に憑かれたらどうしようと思いましたが、杞憂で何も起こりませんでした。昼間の投入堂登山の疲れと温泉上がりの心地よさと酔いで熟睡してしまいました。

三仏寺の御朱印①
三仏寺の御朱印①

  三仏寺は天台宗の寺ですが、修験の道場の色彩を残しています。墓場がなくて檀家がいないそうです。貴重な文化財を維持管理する必要もあり、お寺の経営はなかなか大変かもしれません。

 

 山に登らない人のために投入堂の遥拝所が三仏寺参道入り口の先の県道にあります。後で行ってみたら、確かにそこから投入堂が小さく見えました。

 

 2014年7月18日は御本尊の秘仏・阿弥陀如来の御開帳の初日でした。その年が開山の慈覚大師の1150年遠忌なのだそうです。この日に本堂で行われた大般若会を見ました。

 阿弥陀如来の手からつながる五色の紐(結縁紐)で如来と御縁がつながるのだそうです。

 

三仏寺の御朱印②
三仏寺の御朱印②

 それから、宝物殿に行き、念願の三仏寺の蔵王権現像と対面しました。

 三仏寺の蔵王権現像は七体あります。

  写真撮影禁止だったので、ここでは出せません。

 ああ、蔵王権現・・・。

 

 右膝を高く上げて蔵王権現のポーズをとると、蔵王権現の心境に近づけるかもしれません。

 

 

三仏寺①蔵王権現」に戻る。以下ループ