釧路に行く②・釧路湿原駅と細岡展望台

朝の釧路駅
朝の釧路駅

 5月28日、幣舞橋から戻ってきました。

 朝まだ早いので、JR釧路駅から普通列車にのり、釧路湿原に行くことにしました。

 

 釧網線6時2分発・網走行きの気動車一両です。ワンマン列車。

 列車は市内を出ると釧路湿原の東のへりを走ります。

 走ること18分、釧路湿原駅が見えてきました。

 

 釧路湿原駅は細岡という南北に細い丘の西側の麓にあって、その西側はすぐ湿原です。

 

 ややこしいことに、もう一つ先の細岡駅には細岡展望台はありません。

 釧路湿原駅につきました。

 降りたのは私一人。

 乗ってきた列車を眺めます。

 

 列車が走り去ってしまうと、大自然の中に自分ひとりです。

 鳥が鳴いています。ホーホケキョという鳴き声も。

 釧路湿原駅は山小屋風の無人駅です。

 ここに切符の自動販売機は無く、帰りは列車の中で整理券をとって後で精算します。

 飲み物の自動販売機はありました。

 トイレは無し。

 

 駅の東側に丸太で土留めをした階段状の急坂があります。この坂を登ると細岡の尾根に至り、南に行くと細岡展望台があります。駅から展望台まで460m。帰りの列車が来るまで26分。私の足で往復できるのか?

 

 細岡展望台に行くと、先客が来ていました。

車で来られたのでしょう。

 

 下の3枚は湿原の風景をパノラマ的に撮りました。

 湿原自体はこの時期は枯草色です。周辺の緑は林です。釧路川が蛇行しているのが見えます。北西に雌阿寒岳と雄阿寒岳が見えるはずなのですが、遠くは雲で見えず。

 細岡の尾根の高い所に展望広場があります。ここから見ると、手前に細岡の林があって、奥に蛇行する釧路川と湿原が見えて遠近感がはっきりします。 

 そうこうしているうちに制限時間でござる。

 

 駅に戻って6時46分になりました。

 誰もいません。

 何の気配もありません。

 心細さがつのります。

 はたして、列車は来てくれるのか?

 

すると・・、来た、来た。来たーっ!