オーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」を聴く

 オーティス・レディング(1941-1967)はR&Bのミュージシャン、ソウルの歌手。この人のドック・オブ・ザ・ベイという曲が好きで時折聞きます。

歌詞を訳してみました。

 

 *********** ***********

朝日の中で座っている

俺は、夕暮れになっても座っているだろう

船が入ってくるのを眺めながら

そして船がまた出ていくのを眺めているだろう

 

俺は入り江の波止場に座っている

波が打ち寄せるのを眺めている

俺はただ入り江の波止場に座っている

時を費やしながら

 

俺は故郷ジョージアを離れて

サンフランシスコ湾を目指した

俺は何も生きる目的がない

この人生に何もやってこないように見えたから

 

だから俺は入り江の波止場に行ってただ座っているのさ

波が打ち寄せるのを眺めながら

俺はただ入り江の波止場に座っている

時を費やしながら

 

何も変わらないように見える

すべてがずっとそのままだ

十人がやれと言うことが俺にはできない

だから俺はずっと同じままなんだろうと思う

そうさ

 

ここに座って骨休めをしている

この寂しさは俺から離れないだろう

そうさ

二千マイル俺は放浪して

この波止場を住処にした

 

今は俺は入り江の波止場に行ってただ座っているのさ

波が打ち寄せるのを眺めながら

俺はただ入り江の波止場に座っている

時を費やしながら

*********** ***********

 

 朝から晩まで無為に座って、海を眺め船が出入りするのを見ているという歌詞で、なんとも脱力系です。

 「何も変わんねーよっ」と歌った三日後にオーティス・レディングは自家用飛行機の事故で他界してしまいました。

 この地球に生まれてきて生きることは、死が訪れるまで常に変化させられるということです。そういう星なんです。ここは。