クイーンできゅいーん

クイーンできゅいーんとは、我ながらしょうもないタイトルをつけてしまったものです。

この場合のキュイーンとは、ブライアン・メイのギターの音色を真似したものです。

そう、クイーンの音楽は官能的なところが魅力だと思いますが、そこを盛り上げるのがギターだと思うのです。

We Are The Championは1977年の曲。

この曲のサビの高揚感と陶酔感は格別です。

ブライアン・メイのギターがキュイーンと鳴るのが快感。 

次の曲はWe Will Rock you(1977)です。

どんどんパッというリズムが特徴的です。

この音は床を踏み鳴らして出していて、オーディオ的には面白いものです。

 

ブライアン・メイのギターは何やらバグパイプの曲のようなフレーズに聞こえます。

 

タイトルのrockとは「揺り動かす」の意味です。

ロッキングチェアと言えば揺り椅子ですね。

rockの意味は派生して、ここでは「感動させてやるぜ」、「圧倒するぜ」みたいなもんでしょうか。

あるいは、「わしづかみにしてやるぜ」?