村治佳織のギターを聴く

 美しい女性がギターを抱いていると楽奏の天使といった趣があります。今回は村治佳織のギターを聴いてみましょう。村治佳織は1978年生まれのギタリスト。村治佳織のギターはクラシックの演奏が多くて、柔らかい音が特徴と思われます。まずは、トレモロが難しそうな曲でタレガ作曲の「アルハンブラの思い出」です。

 最後に「亜麻色の髪の乙女」を聴いてみましょう。ギターというのは本当に表現力がある楽器だと思います。オーディオでは生のギターの音の再生は難しい部類に入ります。高音弦の響きがもっと艶やかに鳴れば、といつも思います。