映画「君の名は。」:魂を結ぶ神の奇跡

 新海誠監督のアニメです。このアニメは予告編を見て画面が非常に美しいので見てみようと思いました。美しい映像、感動的なストーリー。今年一押しのアニメ作品です。声の出演は、神木隆之介(立花瀧)、上白石萌音(宮水三葉)、長澤まさみ、他。

【あらすじ】

 ストーリーはなかなかトリッキーです。三葉は田舎町の神社の娘として生まれた女子高生。こんな田舎ではなく都会のイケメン高校生に生まれ変わりたいと叫びます。すると都会の高校生瀧と夢の中で入れ替わるようになりました。夢ではなくて、現実に肉体と意識が入れ替わっていたのです。まったく知らない世界で異性となっていて、当初二人は非常に困惑しました。入れ替わったお互いが好き勝手な事をするのは困るので、二人は携帯電話に引継ぎのメッセージを入れることにしました。直接携帯で通話しようとしてもつながらなかったからです。

 ある日二人はそれぞれ相手に会いに行くことにしました。瀧は記憶をもとに場所にあたりをつけて、職場の先輩と友人と岐阜県北部に行きます。食堂で町のスケッチを店主夫婦に見せると町の名はわかったのですが、なんとその町は3年前に彗星の破片が落ちて壊滅していました。三葉も含めた町民が多数被害に遭い亡くなっていたのです。

 一方、三葉は東京に行って電車の中で瀧を発見しましたが、それは二人が入れ替わる3年前のことで瀧は三葉のことを知りませんでした。三葉は自分の髪を束ねていた組み紐を瀧に手渡して町に帰りました。その翌日の神社の祭りの日に彗星が落下したのでした。

 ですので、二人が夢で入れ替わっていたのは同時期ではなく、3年間の時差があったということなのです。

 瀧は三葉と入れ替わっていた時に祖母と妹と酒を供えに行った神社のご神体の場所を一人で訪れました。そこにそなえてあった酒は三葉が米を噛んで発酵させた口噛み酒でした。封を解いてその酒を飲んだ瀧はなんと、時間をさかのぼり、彗星が落ちた当日に戻って三葉になったのでした。瀧の意識をもった三葉は彗星落下までに町民を説得して避難させようと友人二人と奔走するのですが・・・。 

【感想】

映像について

  このアニメの背景は光と影を感じさせる風景で本当に美しいです。余計な物を描いていない分、現実の風景よりも美しいかもしれないです。また、背景の細部まで書き込まれていてリアルです。絵に空気遠近法を用いていて奥行も感じられます。技術的なことを言えば、闇の暗さ・深さをどう表現するかが課題でしょうか。それくらい背景はよく描けています。また、人物はアニメ的なので、写実的な背景とアニメ的な人物とをいかにうまくバランスをとるか、でしょうか。

 

深い精神性

 さまさまな人の縁を表す組みひもがへその緒と変わって、三葉が生まれてきて、両親の喜ぶ姿が見えて、というシーンは退行催眠で思い出した記憶のような鮮烈なシーンです。遠く離れたところに生まれた二人が魂で結ばれて、昔のクレーターのふちで呼び合って二度目に出会い、忘れてはいけない名前を忘れてもお互いがわかり、後に再会することができました。縁結びを司る神の存在を描き、精神世界の深さを感じさせるストーリーを作り出した新海監督、すごい人です。そして、そのような魂を結ぶ神はまさに存在するのですが。

 

記憶はどこにあるか

 このアニメは、肉体と霊魂とが別人と入れ替わる内容です。そこで、記憶はどこにあるのか疑問に思いました。記憶がメモリーチップのように脳内に保存されるのであれば、肉体の側にそれまでの記憶があるはずです。しかし、アニメでは元の肉体に戻ってみると入れ替わっていた時の記憶はないのでした。記憶とは、脳ではなく霊魂の側にあるのでしょうか。あるいはクラウドコンピューティングのように、どこか雲のかなたに記憶が蓄えられる集合意識のようなものがあるのでしょうか。例えるならば、宮沢賢治がその存在を知って「おれは もうけつしてさびしくない」と叫ぶような世界。アニメではアカシックレコードがちょこっと出てきました。

 唯脳論の人からしたら、脳が記憶の元なのは当然と思うでしょう。ですが、脳神経外科医のエベン医師が自ら脳死状態になった時に、家族が自分に面会に来たシーンを覚えていたり、会ったことがない姉と会って話をした記憶があることは、唯脳論では説明がつかないと思われます。

 

時間の結び目

 このアニメでは、三葉が彗星墜落で亡くなった古い歴史は上書きされて三葉が生き延びた歴史に変わりました。他の日本人の記憶からも古い歴史は忘れ去られて消えて、新しい歴史が残りました。時間を紐だとすると、三葉の肉体が生きた時間の紐はループとなって一旦時間をさかのぼり、また未来へと戻っていきました。そこに瀧の肉体が生きた時間の紐が交差して干渉します。例えていえば、瀧の時間の紐と平行に三葉の時間の紐が並んでいて、あるところで三葉の紐が瀧の紐に結ばれていて、そこに結び目ができているようなものです。結び目からループしている部分は顕在化しなかった裏の歴史で、結ばれていない部分は新たな歴史です。そんなモデルを空想してみました。