上賀茂神社に詣でた日

 京都の上賀茂神社(賀茂別雷神社)を参拝したのは、2015年5月30日の事でした。京都市北区上賀茂本山にあるこの神社に私はバスで行きましたが、京都駅からはずいぶん遠い印象を持ちました。

 

 御祭神は賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)です。下賀茂別雷大神は賀茂氏の古い氏神であり、鴨神社(賀茂御祖神社)の御祭神の玉依姫命(たまよりひめのみこと)の息子の神様です。たまよりひめとは神懸りをする女性のことです。 

 この神社の特徴はなんといっても立砂でしょう。細殿の前に円錐状の砂が二つあり、立砂といい、神が降臨する場所と言われています。確かに、ただの砂ではない「気」を発しています。

普通に砂を盛り上げただけでは、こんなに高くとんがらないと思われますので、何か製法上の秘密があるのでしょう。

 

 境内には山から来た小さな清流があり清々しい雰囲気です。のんびりと雰囲気を楽しんでいるうちに閉門の時刻となってしまいました。