映画「怒り」:なんで怒るかわからない

原作: 吉田修一

監督: 李相日

 

出演: 渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、原日出子、森山未來、広瀬すず、佐久本宝、高畑充希、

 この映画は暑苦しい夏の屋内で刑事が死体を調べているシーンから始まりました。中年夫婦が包丁で殺害された八王子殺人事件(架空)の現場でした。犯人は壁に「怒」の血文字を書き残していました。次に、東京のとあるホスピスの部屋で寝ている母(原日出子)を見舞うユウマ(妻夫木聡)。そして場面は沖縄の青い海に浮かぶ白いボートのシーンに変わります。内地から沖縄に引っ越してきた高校生イズミ(広瀬すず)は友人のタツヤ(佐久本宝)と一緒に離島に渡り、廃屋で暮らす田中(森山未來)と出会いました。次に千葉県の漁師のヨウヘイ(渡辺謙)が歌舞伎町の風俗店から家出娘のアイコ(宮崎あおい)を連れ戻しました。

 

 わかりますでしょうか。この映画はこんな感じで、殺人事件を追う警視庁の刑事、東京のユウマ親子、沖縄のイズミ・タツヤと田中、千葉のヨウヘイとアイコの親子、の四つのグループの人達が交互に現れて物語が同時進行していきます。八王子殺人事件の犯人の若い男は犯行後に顔を整形して逃亡を続けています。ユウマはふとした出会いからナオト(綾野剛)と知り合い同棲して同性愛にふけります。アイコはヨウヘイの元でバイトをしている田代(松山ケンイチ)に魅かれ愛し合うようになります。田中はヨウヘイの両親が経営するホテルの手伝いをすることになりました。

 

 東京と千葉と沖縄の三か所の登場人物はお互いに接点がありません。観客は神の視点で物語を見ています。ですが、犯行のシーンでは犯人の顔ははっきりわかりません。私は、三か所の人達のスト―リーを束ねるものは何なのかを考えながら映画を見ていました。見ていて脈絡のない三つの話が突然切り替わるのは散漫に思えました。しかし、警察が発表した犯人の情報から三つの話を束ねるものが見えてきました。過去に謎を持つ三人の若い男たち、田代、ナオト 、田中がそれぞれ犯人に似た部分を持っていたのです。三人とも偽りをきっかけにして運命が暗転しました。そのうちの二人は犯人かもしれないと疑われ、出ていきました。一人は信じていたのに裏切られたということで刺されてしまいました。そして、そのうちの一人が殺人犯でした。そういう物語です。

 

 イズミとタツヤと田中が那覇で酒を飲んだ後で、タツヤが酔いつぶれた場面がありました。イズミとタツヤが田中と別れた後で、タツヤがどんどん歩いて行ってしまい、それを追っていったイズミは米兵に襲われました。そのシーンを見て、一旦飲みつぶれた人がゆくえを見失うほど速く歩けるわけはないと思いました。暴行のシーンでバッハの平均律一番のピアノが流れたのは、違和感がありました。

 

 この映画では、信じることが一つのテーマかもしれません。何を信じるか?疑った者が犯人でなかったときに疑った者は大泣きしました。でも疑われるきっかけとなったのはその人がついていた嘘からでした。「味方になる」といいことを言っていた者が裏で嘲笑っていたことを知ったとき、信じていた者は泣きました。信じられる人とは言うことと行いとが一致している人でしょう。

  

 この話からは犯人のもつ「怒り」の正体が今一つ見えて来ないのです。その点がこの映画のよくわからないところです。犯人は単にキレやすくて八つ当たりしやすい異常性格者なのでしょうか。沖縄基地の問題とか、不祥事をしでかす米兵についても映画のタイトルである怒りの対象かもしれないのですが、殺人事件の怒りとは無関係でしょう。怒りを他人にぶつけるのは不徳です。孔子は弟子の顔回を「怒りをうつさず」と評して褒めました。

 

 それと、どうして殺人事件の舞台が八王子なのでしょうか。現実でも映画でも、やるせなさがつのります。戦国時代の八王子での出来事が人々の潜在意識に影響を与えているのでしょうか。そう考えると「怒り」の正体が見えてくるような気がするのですが、たぶん考えすぎでしょう。

 

 この映画から重苦しい気と緊張を感じます。ごちゃごちゃした屋内とか、墓地とか、廃屋もそうですが、冒頭の青すぎる美しい沖縄の海でさえ不安感をかき立てるのでした。

 そんな中で、俳優達の頑張りは特筆すべきで、彼等の喜怒哀楽の感情表現はすごいと思いました。一般人は日常生活でそこまで感情を目いっぱい出すことはないし、また出せないだろうとも思いました。でも一般人が表現力がないから本物ではないとは言えないだろうと考えていました。決して俳優が演技過剰というつもりはないのです。すごく悲しくても悲しみをあまり外に表さない人が日本人には多いのではと思っただけです。最後の方で高畑充希が出てきてナオトの過去を語るシーンで、なんだかほっとしました。高畑充希のくりんくりんとした目を見ていたら、掃き溜めに鶴という言葉が浮かんできたのでした。