ビートルズ「A Day In The Life」

 The BeatlesにA Day In The Lifeという曲があります。「人生のとある一日」という題でしょうか。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドというアルバムに収められたこの曲は昔から不思議な曲だと思っていました。今回はこの曲を適当に訳してみよっ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕は今日そのニュースを読んだんだ

ある成功した幸運な男についてのね

そのニュースはかなり悲しかったけれど

それで、僕はただ笑わなければならなかった

僕はその写真を見た

 

彼は車の中で心が消えたんだ

彼は赤信号が変わったのに気が付かなかった

集まった人々は立って見つめた

彼らは彼の顔を前に見たことがあったけど

彼が確かに上院議員なのか誰もわからなかった

 

僕は今日映画を観たんだ

英国陸軍がその戦争に勝ったんだ

集まった人々は顔を背けたよ

でも、僕はただ見なければならなかった

その本を読んでいたからさ

僕は君たちに興味を抱かせたい

 

目が覚めて、起きたいと思って

くしで頭をとかしつけた

階下にたどり着いて一杯飲んだ

見上げて遅刻したと気が付いた

 

コートを見つけて帽子をつかんだ

数秒きっかりでそのバスに間に合った

二階へたどり着いてタバコを吸った

誰かが話したけど、僕は夢の中へ行ってしまった

 

僕は今日そのニュースを読んだんだ

ランカシャーのブラックバーンの四千の穴についてのね

その穴は幾分小さかったけれど

彼らは全部数えなければならなかった

今はもうアルバートホールを一杯にするのに穴がいくついるのか彼らはわかるんだ

僕は君たちに興味を抱かせたい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この歌詞で曖昧なのは、最後の一文です。

I’d love to turn you on.

 このyouが単数なのか複数なのかわからない。turn onの意味が不明確。

 

 この時期のビートルズは「抱きしめたい」のような初期の熱烈なラブソングではなくて、社会的や哲学的な歌詞の曲を作っています。文脈からは特定の彼女に向けてというより、皆に呼び掛けている感じがします。歌詞だけを読むと、日常の中にあって、人の関心を社会の出来事に向けたいというメッセージが込められているように思います。最後の段落では、穴とアルバートホールが唐突に出てきた印象を受けますが、holeとHallが韻を踏んでいることからの連想なのでしょう。

 

 この曲はジョン・レノンの印象的な歌声で始まります。

I read the news today, oh boy

 それは、世の中の悲しみを見た人の声という感じがして忘れがたいものです。悲しみとは交通事故であったり、戦争であったりします。地位と名誉を得た人であっても、その最後に対して群衆は実感を持たず虚しさが感じられます。ブラックバーンという町の穴とは、数を数えるくらいなので、きっと道路の穴なのでしょう。そんなさりげない記事からもジョンはアルバートホールの広さと比較して四千個の穴を具体的に理解しようとしました。人によってはもっと深読みをして、この歌からジョンの最後についての予感めいたものを感じるかもしれません。

 歌詞は途中で調子を変えて、ポール・マッカートニーが日常のことを歌います。なお、ロンドンのバスは二階建てなのですね。歌詞の内容のせいかもしれませんが、ポールの歌声はジョンと比べるとかなり能天気に聞こえます。

 

 ジョンが撮ったビデオなのでしょうか。場面が断片的にあちこちに飛んでいて落ち着きません。ビデオにはミック・ジャガーとか有名人が写っていますが、大部分はオーケストラとの共演のシーンです。この曲は途中と最後にオーケストラが不協和音で音階をどんどん上げていく部分があります。それは、臨界に達する途中のような不安感をかき立てます。そして、もう限界もうだめっとなったところで和音により解決します。

 

 この曲をスマホで聞いていると、バスから見る変哲もない風景さえ意味があるように感じられます。高校時代の日常生活のビデオ映像にこの曲をBGMとしてつければ青春映画に変わるでしょう。そんな力がこの曲にはあります。