映画「ぼくのおじさん」:北杜夫の原作を越えて

原作: 北杜夫

監督: 山下敦弘

配役: 松田龍平(叔父さん)、大西利空(春山雪男)、真木よう子(稲葉エリー)、戸次重幸(青木)、寺島しのぶ(お母さん)、宮藤官九郎(お父さん)

 ほのぼのおかしく、最後にはちょっとほろ苦い、そんな映画です。ユニークな叔父さんの恋の顛末が甥っ子の少年の目を通して描かれます。北杜夫の原作は童話のようなシンプルなものです。内容的には映画の方が充実していて良いと思います。

 

【あらすじ】

 ユキオ(雪男)は小学4年生。ユキオのおじさんはお父さんの弟で、家に居候をしています。おじさんは大学の非常勤講師であり、週に1回、学生に哲学を教えています。おじさんはお金がなくて普段はぐうたらしていて、家の万年床に横になってタバコの煙を吐いて輪を作ったり、ユキオのマンガ本を読んだりしています。おじさんはユキオの妹におみやげを買ってやると約束しましたが、ムカデのおもちゃのおみやげを机の上において妹やお母さんをびっくりさせたりしています。そして何かあると難しいことを言って人を煙に巻こうとするのでした。

 ある日、ユキオの小学校から、身近な人についての作文コンテストに応募することになりました。ユキオは迷った挙句、おじさんのことを書くことにして、おじさん観察日記をつけ始めたのでした。お母さんはそんなおじさんにお見合いを勧めますが、おじさんは相手の写真に色々と難癖をつけて相手にしません。ある日、お母さんの姉のともこ伯母さんから、おじさんに見合いの話があり、おじさんはユキオと一緒にしぶしぶ出かけました。相手はハワイ出身の日系4世の写真家のエリーさん。おじさんはエリーさんに一目惚れしました。ところがエリーさんは実家のコーヒー園を継ぐためにハワイに帰国しました。おじさんはエリーさんに再会するためにハワイに行く決心をして、打って変わったように頑張ってハワイ行きの準備をしました。その方法は飲料会社がやっているハワイ行きの懸賞に応募することでした・・・。

 紆余曲折がありましたが、結局、念願かなっておじさんはユキオの保護者として、ユキオと同伴でハワイに行けました。ハワイでエリーさんと再会して、おじさんとエリーさんはいいムードになりました。エリーさんはおばあさんからコーヒー農園を継ぎましたが、経営難で苦労していました。そこに日本からエリーさんの元彼が駆けつけて、おじさんと恋のさや当てが始まりました・・・。おじさんの恋の行方やいかに?

 

【感想】

 重いテーマの映画や邪悪な映画ばかり見続けている時に、こういうほのぼのした映画を見ると中和されてほっとするのです。原作は北杜夫なので、舞台背景には昭和の味わいがあります。「おじさん」がハワイに行くのにビールやコーラの応募シールを集めるくだりは、「トリスを飲んでハワイに行こう」というノリを感じさせます。おじさんは喫煙者ですし、都会で居候というのは現代の住宅事情では珍しくなっているのではないでしょうか。

 ぐうたらしていて、そのくせ憎めないおじさんを演じた松田龍平はこの映画で新境地を開いたのではないでしょうか。澄ました表情で変なことを断言するのが妙におかしかったです。聡明な甥っ子のユキオを演じた大西利空は、すごく良かったです。ユキオがこの物語の進行役でした。エリー役の真木よう子は長髪にして前髪を下ろしてずいぶんと雰囲気を変えてきました。英語の会話もそつなくこなしていたように思います。

 映画の中でハワイのオアフ島やハワイ島の風景が出てきました。ハワイコナ銘柄のコーヒー園のシーンもあり、コーヒーの白い花やコーヒーの赤く色づいた豆の収穫を私は映画で初めて見たのでした。物語のなかで、日系人のエリーさんのおじいさんやおばあさんの苦労が偲ばれました。

 ハワイに入植した日系人移民達は太平洋戦争時に収容所に入れられて苦難を強いられました。彼らの息子達は生まれ育った祖国に忠誠を示すために志願兵として戦いました。白人の将校と日系人の兵からなる部隊(第442連隊)はヨーロッパ戦線に送られ、常に激戦地に投入されました。日系2世達は規律正しく、明るく、そして勇敢でした。日系人部隊はローマへの進撃、フランス・ブリュイエールでドイツ軍を駆逐して町を解放、包囲されて絶体絶命だったテキサス大隊をドイツ軍の包囲を突破して救出するなどの軍功をあげました。後にはダッハウ収容所の解放を行いました。彼らは難敵に対して粘り強く戦い、最後には白兵突撃で敵を制圧しました。その戦いぶりによって日系人部隊はヨーロッパ戦線最強と称されましたが、多数の死傷者を出しました。

 映画の中でもエリーさんの祖父は戦没したことになっていました。映画で真珠湾が出てきました。かつて旧日本軍はそこを攻めたのか・・・。今は平和な世で、ありがたいなと思いました。