映画「ヒトラーの忘れもの」:みじめな英雄たち

監督・脚本:マーチン・サントフリート

出演:ローラン・モラー(ラスムスン軍曹)、ミゲル・ボー・フルスゴー(エベ大尉)、ルイス・ホフマン(セバスチャン)、ジョエル・バズマン、エーミール・ベルトン、オスカー・ベルトン

2015年/デンマーク・ドイツ

【映画の概要】

 デンマークとドイツの合作映画です。land mineの意味は地雷ですが、原題のLAND OF MINEは「地雷の土地」と「私の土地」という両方の意味をかけていると思われます。舞台は1945年5月のデンマークで、第二次世界大戦でドイツが敗れた直後です。ドイツ軍は連合国軍の上陸を防ぐためにデンマークの西海岸に220万個もの地雷を埋めていました。この地雷の撤去作業に2千人のドイツ兵捕虜が動員されましたが、その多くが少年兵でした。彼らは簡単な訓練を受けた後に劣悪な環境下で地雷撤去作業を強制され、作業失敗により半数近くが死傷したそうです。単純計算すると一人あたりが処理した地雷は一千個以上になります。映画はその一グループが地雷撤去する姿を描いたものです。

 

 映画ではデンマーク軍の鬼軍曹が指揮をして十余名の少年兵捕虜が砂浜の地雷原の地雷撤去を行いました。地雷は3種類あり、一番多く出てきたのは円盤型の対戦車地雷でした。彼らは地雷を埋めた場所の地図をもとにして、地雷原の砂浜を匍匐前進しながら細長い金属棒を斜めに砂に刺して地雷を探します。対戦車地雷はある程度の重量がかからないと爆発しないのです。なお、金属探知機などは使われていませんでした。地雷がみつかると彼らは手で地雷の回りの砂を取り除きます。次に地雷のねじ蓋を取り外し、信管を取り除くのですが、これが危険な作業でした。この時に衝撃を与えると信管が爆発し、地雷が誘爆してしまいます。信管を取り除いた地雷であっても大量の爆薬を入れた危険物です。なかには二つの地雷をワイヤーでつないで二つ重ねて埋設して、上の地雷を持ち上げると爆発するようなブービートラップを仕掛けたものもありました。

 

 主人公となるデンマーク軍のラスムスン軍曹はドイツ人を憎んでいました。本国に帰されるドイツ兵がデンマーク国旗を持ち帰ろうとしていたのを見てその男をしたたかに殴りつけるほどに、その憎しみは強いものでした。地雷原の砂浜から地雷撤去を行うラスムスンの元に送られてきたドイツ兵は、親子ほども年が違う少年兵でした。ドイツ人をひどく憎んでいたラスムスン軍曹でしたが、高校生のような年頃の少年兵を見て当惑しました。ラスムスンは地雷撤去作業が終わったら帰国させてやると言って、彼らに厳しく接して作業させました。少年兵たちは帰国する日を夢見て危険な地雷撤去作業を続けましたが、爆発で重傷を負い亡くなる者が出ました。食料不足で空腹に耐えられず、少年兵たちはで家畜の飼料を盗んで食べておなかを壊したりしました。ラスムスンは少年兵達に情が移り、彼らにパンを差し入れたり、一緒にサッカーをするようになりました。そんなときに彼の愛犬が地雷撤去済の土地を走って残っていた地雷に触れて爆死してしまいました。ラスムスンは激怒し、少年兵たちに撤去済の土地を歩かせて身をもって安全を確認させ、再び厳しく監督をしたのでした。双子の一人が地雷のブービートラップにかかり爆死した後に、残された一人はうつ状態になり地雷原を歩いて自殺してしまいました。処理済の地雷をトラックに積む作業をしているときに誘爆して大爆発をして数人が一度に死んだりしました。その浜の地雷撤去が完了したときに残った少年兵は14人中4人でした。その4名は人手不足を理由に他の場所での作業に送られることになり、ラスムスンは話が違うと上官の大尉に抗議したのですが、聞き入れられませんでした。ラスムスンは独断で4人を呼び戻し、デンマークとドイツの国境近くで4人を解放したのでした。

 

【感想】

 ドラマですごく低い視聴率だったり、映画の興行がひどく振るわないときに、近頃は「爆死する」という表現をするようです。この映画を見ると、本来の「爆死」の意味がよくわかります。この映画を初めて見たときは、いつ地雷が爆発するかと思い、生きた心地がしませんでした。

 

 この映画で感動的したのは最後のシーンです。ラスムスン軍曹が生き残った4人を解放すると、4人は野生動物のように走って逃げていきます。そのうちの一人がちらちら後ろを振り返るのは、ラスムスンに対して父親のような感情をもっていたセバスチャンでしょうか。その時彼らを見送るラスムスンはじっと不動で敬礼していたのでした。

 

 地雷処理にあたった少年兵たちは、ドイツという国を背負って作業を行いました。彼らはナチスドイツが残した悪業の後始末をさせられたのです。地雷とは敵味方も軍人も民間人も関係なく爆発する卑劣な兵器です。そのような地雷を撤去して土地を原状回復する作業を誰がやるべきかといったら、当然地雷を埋めたドイツ人でしょう。そして、ドイツ人の、あどけない顔をした少年達がそれを実行したのです。強制された作業でしたが、彼らも自分たちが背負っている責任をわかっていました。少年兵の日一人が逃げようと言い出したところで、一人が反対して3人に押えこませて脱走を止めたシーンがありました。

 やるのが当たり前であっても、危険すぎて誰もがやりたがらない作業を彼らはやり遂げました。この地球上でこの作業ができたのは神ではなく、肉体を持った人間だけでした。彼らは国を背負った英雄というにはあまりにもみじめで格好悪いです。そんな彼らが勇気と希望をもって命がけで任務をやり遂げたのは、すごく偉いと思いました。そして、生き残った少年兵たちが戦後のドイツの復興を担ったのだと確信したのでした。

 

 すごく重くてリアルで見ごたえがある映画でした。デンマーク映画は決して侮れません。