昇天できる歌を求めて(2)マタイ受難曲

至高の音楽とは何かと考えることがあります。

真っ先に候補に上がるのは、バッハの「マタイ受難曲」でしょう。

 

これは、音楽で書かれた「マタイによる福音書」です。

高い精神性を持つ曲です。

福音史家の語りで、神の子「イエス」の受難の物語が展開していきます。

最後の晩餐、捕縛、死と復活までドラマチックに。

登場人物はイエス、弟子たち、香油をイエスに注いだ女、ピラト、

そして大衆です。

 

この大曲のテーマは贖罪でしょう。

自ら犯した罪を悔いて、私の罪も贖ってくださるようにキリストに祈ります。

罪びとにとってこの曲に代わる音楽があるでしょうか。

この曲は癒しの音楽です。

うつ状態の時にこの曲を聴くと癒されます。

この曲を聴いて泣き濡れて、いつしか眠ってしまいます。

 

この曲を振れる指揮者は限られています。

ユーチューブではカール・リヒター指揮の1958年の録音がおすすめです。ドイツ語の歌詞と日本語の訳詞がついているのも良いです。