西中 務「運の良くなる生き方」:徳を積むと運が良くなるか?

西中 務著 「運の良くなる生き方」 東洋経済新報社

 

 

徳を積めば運が良くなると、古来から言われています。

善因善果、悪因悪果ともいいます。

本当にそうなのでしょうか。

徳の反対は業でしょう。

悪業を積めば、本当に運が悪くなるのでしょうか。

 

現実は「憎まれっ子世にはばかる」が正しいようにも思われます。

我欲が強い者が謙虚な人を押しのけてのし上がっていく社会。

ブラック企業の経営者のように社員を搾取したり、

カルトの教祖のように信者を洗脳して貢がせたりする人が、

現世でいい思いをしているのではないでしょうか。

 

そのあたりのことを確かめたくて、

「一万人の人生を見た弁護士が教える」という副題につられて、

この本を買ってしまいました。

 

最初に言葉の定義をしておきましょう。

新明解国語辞典(第二版)から引用します。

徳には複数の意味がありますが、

 

徳:精神的・物質的に人を救済する善行。

業:[現在の環境を決定し、未来の運命を定めるものとしての]善悪の行為。

  [狭義では、悪い行為を指す。]

 

 

この本では、「運は人徳できまる。」と断言しています。

「善いことをすると、運が良くなる。」

「人間性が良いと、一見、損な生き方をしているようでも、運が味方して成功します。」

「人柄が悪い人は、一時は成功しても、運に見放されて転落してしまいます。」

そう聞いて安心いたしました。

 

でも、頭がいい人は相手によって態度を変えていますよね。

力があって自分にとって役立つ人には取り入って、

力がなくて役に立たない人には冷たくあたりますよね。

西中先生は答えます。

「利益になるから優しくし、利益にならないから冷たくする。こんな人は運を逃がす。」

それを聞いて、気がすっとしました。

 

  

徳は弧ならず必ず隣あり。

論語「里仁」

 

この本の中で引っかかるところがありました。

「心は磨けません。目に見えませんから。まず目に見えるものをしっかり磨きなさい。」

ある禅寺に行き、座禅に来た目的を聞かれて、

「心を磨きに来ました。」と

西中先生が答えたのに対して和尚さんが言った言葉です。

 

そう言われたら、私なら禅寺の和尚さんに食ってかかるかもしれません。

「心は本当に磨けないのでしょうか。

心身を磨くというではないですか。

目に見えないものは磨けないのでしょうか。

技を磨くというではないですか。

王陽明が事上練磨と言ったのは、物を磨くわけではないでしょう。」

 

しかし、そんなことを言っても無意味でしょう。

心はくるくる移り変わるものです。

磨く対象は心ではなくて、むしろ魂なのでしょう。