映画「ひるなかの流星」:会心作かも

原作:やまもり三香

監督:新城毅彦

配役:永野芽郁(与謝野すずめ)、三浦翔平(獅子尾五月)、白濱亜嵐(馬村大輝)、山本舞香(猫田ゆゆか)

鮮烈なイメージを残す印象的な作品でした。

高校生女子が担任の先生と同級生から同時に好かれます。

どちらも好きな彼女の心は揺れ動きながら、最終的には一人を選びます。

 

この作品を魅力的なものにしているのは、主演の永野芽郁でしょう。

その演技は自然でキラキラしていました。

目の表情がとても良かったです。

彼女が走るシーンがありますが、その走るフォームがきれいでした。

 

新城毅彦監督は前作「四月は君の嘘」に続く青春映画です。

この作品は風景の描写が美しいです。

監督にとって会心作となったのではないでしょうか。