映画「関ケ原」を見て

監督・脚本:原田眞人

 

この映画は、しっかりと作られた大作です。司馬遼太郎の原作が良いのでしょう。「真田丸」の関ケ原の合戦で肩透かしを食ったのが、気が晴れる思いがします。

 

主人公は石田三成です。

この人は少年時代は佐吉といい、寺の小僧でしたが、ある日秀吉と出会ったことで運命が決まってしまいました。

 

三成は合理的であり、物事を割り切って考えられる人でした。そして三成は忠義の人でした。

三成は主君である秀吉が築いた体制を守ることで世の中の秩序を守っていこうとしました。

三成にとっての正義は秀吉の遺言でした。

しかし、それを認めていない者がいました。それが家康です。

そもそも、家康は信長の同盟者であり、信長の部下であった秀吉よりも格上の存在です。

それが、武力対決で有利になったにも関わらず、信長なき後に権力を握った秀吉に丸め込まれてしまいした。

それ以来、家康は秀吉が死ぬのを、天下取りの周到な準備をしながら待っていたのです。

家康の側にも正義はありました。

 

家康は三成を仇役として、反対勢力を葬り去るつもりでした。

三成が加藤清正や福島正則ら朝鮮出兵組の武将たちの恨みを買って襲われたときには、家康を頼ってきた三成を家康は苦々しい思いで保護しました。

そこで三成に死なれては困るからでした。

 

三成は杓子定規なところがあり、人を将棋の駒のように使う所がありました。それゆえ、誇り高い島津義弘の機嫌を損ねてしまい、合戦の時には一枚岩の協力が得られませんでした。

小早川秀秋は秀吉の養子から小早川家の養子になった人です。

家康は小早川秀秋が秀吉から叱られた際に慰めたり処世法を入れ知恵したりして味方につけました。したがって、関ケ原の合戦の時に三成が「義」を説いても秀秋は動きませんでした。

 

三成にも味方がいました。前田利家、宇喜多秀家、大谷吉継らの豊臣家臣、上杉景勝と直江兼続、そして一騎当千の猛将島左近でした。

前田利家が亡くなった後に関ケ原の合戦は起こりました。

 

西軍は関ケ原の要所を占め、東軍を包囲する態勢を作りました。徳川秀忠率いる別動隊が到着しない東軍は不利でした。

ところが実際の合戦では、西軍で力戦したのは石田、宇喜多、大谷のみで他の武将は消極的でした。そして、小早川秀秋が東軍に寝返って松尾山を駆け下りて大谷隊に襲い掛かったことで戦の大勢は決し、東軍の勝利となりました。

 

この映画では東軍に包囲された島津が捨て身の戦いで血路を開いて撤退した戦については描かれていません。一千人が八十数名に減っても島津義弘を帰国させた島津勢の勇猛さと、その時の遺恨が三百数十年経ってから幕末の戊辰戦争で晴らされるのには、驚嘆させられます。

 

配役ですが、

石田三成には岡田准一。鼻筋が通って意志の強そうな面構えが合っていました。

三成に仕える忍びで、三成が思いを寄せた初芽は、有村架純でした。伊賀の忍びとしては目立ちすぎる感がありますが、適役なのでしょう。旬の良さが光ります。

家康には役所広司。この人は体形も態度も家康になり切っていて、目つきに尋常でない凄みがありました。

島左近は平岳大。真田丸では武田勝頼を演じてすごく良かったのですが、関ケ原ではスカーフェイスの猛将を演じて、これまたすごく良かったです。

秀吉には遠藤賢一。小早川秀秋には東出大。島津義弘には麿赤児で、入道姿で合戦場で念仏を唱えていて暗黒的な迫力を出していました。