映画「勝手にふるえてろ」

  綿矢りさの小説を映画化した作品です。普通の娯楽映画に飽きたら、こういう心理的で面白い映画がお勧めです。この映画には、痛痒い所をかきむしる時のような痛い快感の味わいがあります。これは、おたく女子とリア充男子の恋愛ストーリーになるのでしょうが、ヒロインがかなり屈折しています。原作は心理描写が多くて実写化が難しいと思われたのですが、大九明子監督は、登場人物の心理を原作に忠実に保ちつつ、ストーリーをうまく膨らませました。そして、実写化を奇跡のように実現させたのは、主演の松岡茉優の力でしょう。自意識過剰で臆病な若い女性である主人公は妄想を膨らませて生きてきて、現実の人間関係の希薄さを思い知ってショックを受け、それから自分に真っすぐに向かって来る人に真正面から向い合います。そのありさまを、松岡茉優は快演とも怪演とも思えるような圧倒的な存在感で演じ切りました。

 経理課のOL江藤良香(ヨシカ)は中学生の時の片思いの人・一宮(イチ)の思い出を心の栄養にして24才の今までずっと男とつき合わずに生きてきました。そんなヨシカに営業課の霧島(二)が猛アタックをかけてきました。脳内のイチと現実の二との選択に迫られたヨシカは、海外留学した同級生の名を騙って同窓会を招集し、大人になったイチと再会しました。興味がある話題でイチと話が合って有頂天になるヨシカ。しかし、自分の思いとはうらはらに、現実のイチが自分の名前を覚えていないことにショックを受けます。それからヨシカは二とデートしていい感じになるのですが、プライド高いヨシカは同僚の来留美(クルミ)が自分の秘密を二に漏らしていたことを知って逆上し、暴走を始めます。会社を休みたくなったヨシカは嘘の産休願いを出します。二はそれを知ってドン引きするのですが、ヨシカは二を自宅に呼び出して本音をぶつけます。

 

 

 この映画で極端な主人公を見て笑ったりしているのですが、後からじわじわきます。普通は、初恋の「イチ」の思い出は新たに「二」が現れると上書きされて消去されてしまいます。ですが、実は誰もが理想化されたイチの面影を大切に心に持ちつつ、現実の二で妥協しているのかもしれません。女性も男性も皆そうかもしれないと疑うと、なんだかじりじりしてきます。この作品が扱ったのはかなり普遍的なテーマなのかもしれません。