大停電で何が必要だったか

2018年9月6日未明に起きた北海道胆振東部地震により北海道全体が大停電(ブラックアウト)に見舞われました。

それから1年経ちますが、その時の経験を書きます。

 

地震の前日には北海道に台風が来て大風が吹き、木が倒れたりしていました。

前日の寝不足で眠り呆けていた時に起きた震度5弱。

ガタガタいうので跳び起きたら、ユサユサと揺れが来てしばらく続いていました。

その間本棚が倒れてこないようにひたすら押さえていました。

あらかじめ転倒防止対策をしておくのが正しかったです。

私の家はオール電化住宅。

家の中は食器や植木鉢が落ちて割れた程度で済みましたが、北海道の広域で停電が続き、自宅では停電が2日弱続きました。

ただ、断水しなかったのはありがたかったです。

 

何はともあれ、地震の当日に会社に出勤することにしました。

JR、地下鉄、バスは止まりました。

バスが止まったのは信号機が消えたので、安全が確保できないという理由でした。

タクシーは当初走っていたのかもしれませんが、燃料が切れたためでしょうか、ほとんど見かけませんでした。

通勤に使える足は、自家用車か自転車しかないってことで、あとは歩くくらいでした。

 

自家用車で職場近くまで妻に送ってもらいました。

ガソリンスタンドは休業。

車のタンクに残っていたガソリンが貴重でした。

帰りは15kmくらいの距離を歩いて家に戻りました。

 

途中寄ったコンビニではパンや弁当・おにぎりなどほとんどの食料は売れ切れで、食料品は酒と駄菓子と調味料しか残っていませんでした。

暗い店内でなぜか、レジだけは電気が来ていて使っていました。

幸い、自宅には食料とミネラルウォータ―のストックがあり、飲食物で困りませんでした。

 

停電でATMは使えませんでした。

当然支払いのカード決済も無理。

手持ちの現金でやりくりするよりありませんでした。

  

どこもかしこも停電で携帯電話の充電ができなかったのにはまいりました。

携帯電話も通じませんでしたし。

職場では、同僚が持ってきた携帯ラジオで全道的に大停電

夜はローソクを数本つけて明かりを灯しましたが、やることがなくて早寝をしました。

 

洗濯は2日程度なので、しなくて大丈夫でした。

電気温水器から2日間お湯が出たのでシャワーを浴びられたのは良かったです。

停電になると冷蔵庫で困ります。

 

冷凍庫を開けなかったので、冷凍庫内の物はなんとか大丈夫でしたが、冷蔵庫内の肉と魚はすぐに調理せざるを得ませんでした。

卵と野菜は意外に大丈夫でした。牛乳は怪しかったので沸かして飲んでいました。

お隣りの家からカセットコンロを借りられたのは調理の際に役立ちました。

暖かい食べ物や飲み物を摂ると、ほっとするものです。

なお、お隣りでは発電機を回して冷蔵庫が使えていました。

妻はちゃっかりと当家の食糧の一部をお隣りの冷蔵庫に入れてもらっていたようです。

ただ、発電機用のガソリンが不足していたので、私の家の除雪機用のガソリンを提供しましたが。

 

【教訓】

●停電になってから対策するのでは遅く、あらかじめ停電を想定した準備をしておくべきです。

 

役立ったもの、貴重だったものは以下のようです。

・現金

・食料および飲料水のストック

・ガソリン(自動車では満タン給油を推奨、発電機用にはガソリン携行缶)

・防災ラジオ

・カセットコンロとカセットボンベ

・懐中電灯と電池

・ローソクとライター

・発電機

 

震災が起こったのが9月で、暑くもなく寒くもない時期だったのはラッキーでした。 また、揺れたのが調理時間帯でなくて、火事が出なかったのもラッキーだったでしょう。もしも大停電が真冬に起きるなら、結構大変でしょう。そうなると我が家では蓄熱暖房機が1日くらいは暖かいでしょうが、それだけでは到底足りません。結局、非常用にポータブル灯油ストーブを買いました。

送風が必要な灯油ストーブでは電気が必要です。そのようなストーブがあるお宅では発電機があると良いのではと考えます。ただし発電機を室内で稼働させると一酸化炭素中毒になりますので長い電源延長ケーブルも必要でしょう。大停電が起こったとしても、最大4日間しのげば、大抵の場合は復旧してなんとかなると思います。